コンプレッサー買取のポイント

不要になったコンプレッサーを買取してくれる業者があります。お店がエリア内にある場合は出張などで自宅まで訪問してくれて査定してくれますし、遠い地域でも宅配で買取をしてくれます。査定を依頼するときにはメーカー名や型番、製造年に使用頻度、傷や汚れの状態を連絡します。この情報は本体に張ってあるシールや、本体にモデル名や型番が記載されていることもあります。

購入したときの付属品も必要です。小さめのコンプレッサーだと説明書や保証書だけのことが殆どですが、大きなものだとコードや必用計器なども付属されているので欠品などを確認してから査定依頼したほうが良いです。少しでも高額で売るためにはポイントがあります。外傷の傷や汚れ、内部の具合を依頼する前に確認します。

新品だと汚れなどはありませんが、中古だと状態によってかなり違ってきます。カバー内部のコードや機器類の損傷、損傷があってエアー漏れやオイル漏れなどを調べます。特に問題がないときは清掃などをしておくと良いです。計器やエアー取り出し口の損傷もよくあります。

計器がこわれていると正しいエアーを計量できないこともあるので査定にも影響が出ますし、取り出し口も同じです。また、タンク内の破損や損傷もよく忘れがちです。長年使わずに置きっ放しにしていると腐敗が進んで穴が空いていることもあります。破損していてオイルが漏れたりしていると大変です。

修理することで普通に使うことも出来るため買取は可能です。コンプレッサーの足回りなども破損やがたつきを確認したほうが良いです。よく使っていると移動も多くて、重量があるタイプならタイヤが付いているので楽ですが長年使っていると劣化もしてきます。もしタイヤがぼろぼろだったり、きちんと動かない場合でも買い取ってもらえます。

厨房機器の買取のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*